エンタテインメント事業

STEVE HACKETT

STEVE HACKETT

元ジェネシス~元GTRのギタリストであり、現在のプログレッシヴ・ロック・シーンを牽引するミュージシャンであるスティーヴ・ハケット。
ジェネシスへの憧憬を具象化したアルバム「GENESIS REVISITED」のワールド・ワイドな成功をきっかけにソロ・アーティストとして次なる成功を求めて制作した久々のスタジオ・アルバム「ウルフライト~月下の群狼」は彼の最高傑作アルバムとして高い評価を獲得する。2015年にスタートさせたツアー、”Acolyte to Wolflight with Genesis Classic”も好評を博し、その一環として2016年5月に来日公演をも行い、現在も続行中である。ツアーの合間をぬって新作のレコーディングが行われており、2017年3月にリリース予定。