エンタテインメント事業

RYO KAWASAKI

RYO KAWASAKI

1960年代後半より日本でジャズ・ギタリストとしての活動を始め、1973年にアメリカ、ニューヨークに移住、ジャズの本場でエルヴィン・ジョーンズ、チコ・ハミルトン、テッド。カーソンといったトップ・ミュージシャンのバンドでの活動を経て、ギル・エヴァンス・オーケストラに参加、幾つかの名作の制作に参加する。
70年代後半かrはギター・シンセサイザーの開発に携わり、それをフィーチュアしたアルバムも制作する。演奏スタイルとして、ブルース、ロック、バラード、クラシカルなどといった様々なジャンルの奏法を巧みに取り入れながらオリジナリティ溢れるジャズ・ミュージックを創造する。現在は東ヨーロッパのエストニアに在住し、ヨーロッパを中心とした活動を展開する。2017年2月に70歳の誕生日を迎えるにあたって久々のニュー・アルバム「レヴェル8」をリリースし、来日公演も行う予定である