エンタテインメント事業

PHIL MANZANERA

PHIL MANZANERA

フィル・マンザネラはイギリス人の父とコロンビア人の母の間にロンドンに生まれる。1970年、ジャズ・ロック・バンド、クワイエット・サンを結成するがレーベル契約を得れず解散。1971年、ロキシー・ミュージックのオーディションに参加するも落ちるが、才能が評価されエンジニアとして参加する。
しかし、ギタリストとして採用されたデイヴィッド・オリスト(元ナイス)が脱退し、フィル・マンザネラがギタリストに採用されると彼は瞬く間にステップアップしていくことになる。1975年にはソロアルバムをRoxy musicのメンバーの助けもありリリース。1976年に801というバンドをブライアンイーノ(元ロキシー・ミュージックのシンセサイザー奏者)と共に結成しする。
1978年に再始動したにロキシー・ミュージックに参加、その独特なテクニック&サウンド、さらにはコンポーザーとしてもブライアン・フェリーと共にロキシー・ミュージックのヒット曲を数多く創り、メガ・ヒット・アルバム「アヴァロン」の成功に大きく寄与する。バンド解散後はソロ・アーティストとしても幾つかのプロジェクトを率いて名盤・名曲を創る。そしてプロデューサーとしてはピンク・フロイドのアルバムやディヴィッド・ギルモアのソロ・アルバムを手掛け、ヒットに導く。2015年には久々のロック・アルバム「ザ・サウンド・オブ・ブルー」をリリースし話題を呼ぶ。IACはフィル・マンザネラの全タイトルの権利を取得しリリース。